京都に行ったときに小説を買ってみたのです

どうしても、京都のくまざわ書店に行ったときに読物を買ってみました。ラフファッションあんまり雑誌は読まないのですが。
真梨幸子の「カンタベリーテイルズ」という読物だ。女性同士の泥まみれした感じの仕様かな、と思ったけれども、いまひとつ読後感は酷くなかったですね。
特に、決して想いウォーミングという感じでもないですけどね。
くまざわ書店は数年ぶりに行ったのですが、よく変わっていなくてふとうれしかったです。
京都に住んでいた内は、本当によく行っていたのを思い起こしたりしました。
今は関西には住んでいないので、京都にいくことも以前より大いに減ってしまって残念です。
この次の出向の際に関西方面に行けたら、また京都に頻繁にプレイに行けたらいいなあ、と思っています。
京都の四条河原町周辺にはまず書店が多くて、暇つぶしにはぴったりです。
もっと寺社仏閣の散歩などはやけに飽きてしまったので、時間を持て余すことも多いですし。
それでも大好きな街角ですことには変わりないですが。フルーツ青汁