新刊は図書館にすぐに置かなくてもいいと思う

活字離れが進んでいる、という話を聞いてもうかなり経ちます。そう考えると図書館を利用する方も減っているのかもしれません。そのせいでしょうか、近所にあるいくつかの図書館ではファッション雑誌やたくさんのCD、DVDが置いてあって借りられるようになっています。カジュアル化していて、女性の姿も多く見かけます。
本自体も売れなくなったというのはもちろんわかるのですが、ひとつだけ気になることがあります。それは、話題の新刊も図書館ですぐに借りることができるという点です。多くは予約をしないとすぐに借りられなかったりするものの、これはちょっと遅らせた方がいいのではないかと思うのです。それは作家さんの立場を考えてしまうからです。売ることで生活をしているわけで、無料ですぐに読めるならば多くの読者はこちらを選んでしまいます。中古書店にも同じようなことを言えますが、ちょっと経ってから図書館には置くようなシステムにした方がいいんじゃないかと思っています。