あたしは慎重に文字を選んだ。
「私もN・Tも、M・Tとは幼馴染みでさ。M・Tはいま、おとうさんが亡くなったんだ。あそこも今、精神的に手狭ハズから無理して仲良くする必要はないかもしれない」
 陳述に耳を寝かせる視点は疎らあるものの、T・Mはあたしとは目をあわせずに苦笑をやる。
「でも、奴は低い人物じゃないんだ。少なからずあたしにとっては。これだけは分かってほしい」
 一方類でいて、大層身勝手な付けにT・Mは手なさそうに頷きながら答える。
「おや、それはそのものから聞きました。のち、俺も父母、亡くしてるんで。それも、とっくに」
 感情のない凍てついた語勢だった。あたしは引き戻す文字がなかった。
「取り敢えず、こういう広間には、いつでも来て下さい。のち、仮に良かったら、コミックでも貸しますよ。上の棚にあるのが集英社、下半数は講談社、秋田書店……」
 気に障ったかと思えば、T・Mは何としてでもあたしをこういう地に留めておきたいみたいだった。M・Tの話題になると、今にもあたしが自分の根本を離れてM・Tのところへ行ってしまわないか気が気でないのだろう。途端に苛立ちだして不器用な親切心を垣間見せるT・Mは意外にも分かり易い相性だった。お金借りる即日ならどこ